FC2ブログ
2009.12.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010.02.
「月命日」13回目。
手術をすると決めてからの日々は
すごく早く感じた。

手術ができるかの検査。
2008年1月19日。

通常、白血球は5000~19000の数値の中
あみは67400。

体内に炎症がある・・・明らかな数値でした。
腎臓の数値はギリギリでしたが手術可能な数値でした。

あみ

この日、レントゲン検査もしました。
看護師さんが
「泣いてて、ムリかなって思ったんですけど
『あみちゃん、ポーズ取って』ってお願いすると
ビシって決めてくれるんです。
あみちゃんすごいですね!」

あみ

嬉しさもあったけど、しなきゃならない手術のこともあったから
手放しには喜べませんでした。

手術の予定日は2008年1月21日、月曜日。
手元にある手術の同意書には、直前までサインができませんでした。

あみ

当日、AM11:45分。
病院に到着。
この日は、もう検査もなかったので預けるだけ。
預けるだけ・・・・・でした。

看護師さんが、泣くあみを抱っこし
扉を閉め出て行くとき。。。。。

「嫌がって、看護士さんの手から離れたら手術をやめよう」
そう思いました。

「あみ?ママ行くよ?大丈夫?
本当に行っちゃうよ?」

あみ

扉の隙間が細くなるにつれ、あみの姿も少しずつ見えなり
扉が閉まったとき、こらえてた涙が噴出してきました。

夕方4時以降に手術の連絡をくれるとのことだったので
有給休暇をとってはいましたが
職場で待つことにしました。

15時43分。

携帯が鳴り
「あみちゃん、無事手術が終わりましたよ。
17時以降なら面会もできますからね。」

あみ

連絡がくるまでいろんな想いが駆け巡りました。
もちろん、手術するなら治って欲しい。
けど・・・

今夜一晩、たったそれだけでも離れ離れになるのがイヤなんだ。
あみが家にちゃんといてくれなきゃ・・・
あみがちゃんと出迎えてくれなきゃ・・・
あみが居なきゃ、ダメなんだ。

だから、神様。
私はどんなことでも絶えます。
でも、あみは・・・
あみだけは、連れて行かないで下さい。

あみ?
大変な手術を選択してしまって、ごめん。
悩んでる間、もっとちゃんと考えればよかった。

治って欲しい。
まだまだ一緒にいたいって・・・
それだけだった。

でもお願い、麻酔からさめたあみは
元気でありますように。

お願い。。。。。。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あみの日はちょっと大きめ


いつも応援 ありがとうございます

優しいあみに「ありがとうポチっ」お願いいたします♪



スポンサーサイト



2010.01.08 (Fri) 08:04
SEO対策:ネコ SEO対策: SEO対策:ペット SEO対策:真菌症 SEO対策:里親