FC2ブログ
2019.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020.01.
「月命日18回目」
毎月8日は2008年12月8日に
乳腺腫瘍で虹の橋に渡ったあみについて書かせてもらってます。

もし気になった方は左のカテゴリの『あみ』から過去の記事を
確認することができます。


白血球の数値 正常値5000~19000。


あみ

2008年7月19日白血球 32900
体重 5.2キロ
レントゲン検査 肺への転移は無し。
2008年8月2日白血球 30900
体重5.25キロ

白血球が連続して高い。
来週から、毎週通院。

心配していた、縫い目にできた塊。
先生は脂肪の塊の可能性が高いと言っていた。

それは間違いではなかった。

仰向けになった状態で右足付け根部分に小さなシコリを発見。


あみ

2008年8月9日白血球41300
体重5.15キロ

とうとう、検査することになった。

針で細胞を採り、顕微鏡で確認するらしい。

あみ

待合室で待つ時間がとても長く感じた。

有線放送で流れるオルゴールに集中して
悪いことは考えないようにした。

でもすぐ集中できなくなった。

病院では常にアロマが焚かれていた。

「今日は、レモンだって~

あみぃ、すっぱくない?」
と話しかけたりして、悪い方向に考えてしまいそうな自分を何とかしようとした。

あみ

看護士さんに名前を呼ばれて、診察室に入る。
いつも通りキャリーを診察台に置いた。
緊張もあって、キャリーの持ち手の部分をいつもよりギュっと握ってた。

すると、看護士さんがそっとキャリーを支えた。

ふと、顔を上げて、看護士さんを見ると
「不安定だから支えていますね。」

いつもは、そんな支えたりしない。

嫌な予感がして、うつむいた。

先生が「じゃ・・・」と話そうとしたとき
一瞬だけ先生の顔を見た。

けど、それ以上見れずに、またうつむいた。

結果は

あみ

再発。



あみ。
もっと書こうと思ったんだけどね、ちょっと今日は書けないな。

今日もお寺にいくけどね
しっかりしろって、ちょっと励ましてね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あみの日はちょっと大きめ


いつも応援 ありがとうございます

優しいあみに「ありがとうポチっ」お願いいたします♪



スポンサーサイト



2010.06.08 (Tue) 08:34
COMMENT
あみちゃん・・・
大事な家族が病気を宣告されるのって、つら過ぎますね。
そして治療を見守ることもつらい。
そして天に召されることは、身を切られるほど辛い・・
あみちゃん、お空からいつも見守ってますよ。
頑張ってお寺さん行ってきてね。

私も去年一番可愛いミミーを亡くした時は、親の死より悲しかった・・・
わが子をなくすことは本当につらいです。
奇しくも今日は亡きミミーが担当する記事です。見てやってね。
こうやって、いつまでも忘れたくないので、ずるずると記事を書きつつけている私です・・
FROM おかパン 2010.06.08. (Tue) 09:13 URL [EDIT]
NO TITLE
病院での検査結果を待つ時間、
果てしなく長いようで、果てしなく短かったのでは?
いやな緊張を感じられていた事、すごくよく伝わってきました。

そして再発の告知。
本当にショックで、お辛かったですね。。。
きっとショックで頭の中が真っ白になっちゃって…。
読んでて涙が出てきました。


でも…ね、ぬこさん。
あみちゃんの命日は、あみちゃんが元気に生きていた頃を思い出してあげる日。きっとそういう日でもあるのですよ^^

元気だった頃のあみちゃんが、本当のあみちゃんの姿ですよ♪生まれてからずーっと体が辛かったわけじゃない。病気の時期は13年8ヶ月の中のほんの一部分でしかない。そうでしょう?

だから、悲しかった事を思い出したら、その分、楽しかった事も思い返してあげましょうよ^^

今はホラ、美しいお空の国で元気だった頃みたいにのんびり日向ぼっこしてるのではないでしょうか?
そういうあみちゃんも、思い浮かべてあげてくださいね^^きっと喜ぶと思いますよ。

あみちゃん、しっかりしろって言ってますよ♪

応援ポチリ
FROM かおりん 2010.06.08. (Tue) 10:08 URL [EDIT]
Re: あみちゃん・・・
おかパンさん♪

まだ、親が生きているので、そのとき自分がどう思うか
わかりませんが、多分これほど悲しくはなれなんだろうなって・・・

私も、いつまでも忘れたくない、という想いがあって
書き進めていくと、いつか『あみ』のことを
書く日がなくなってしまうのかなって
ちょっと苦しくなるんです。

だから、ちょっとずつしか書けないんですけど。。
毎月8日はこんな感じの記事になってしまいますが
これからも、よろしくお願いします。
FROM ぬこ 2010.06.08. (Tue) 16:18 URL [EDIT]
Re: NO TITLE
かおりんさん♪

いつも、ありがとうね。

あの頃の『あみ』を思い出すと、頭ではいろんなこと
整理していたつもりなのに
何だか、バランスが取れなくなるときがまだまだあって。。。

でも、かおりんさんのコメントのおかげもあって
最近、月命日前後じゃないときは
元気に生きていた『あみ』の姿を思い出して
笑うことも多くなってきたの。
だから、ほんとうにありがとうね。
FROM ぬこ 2010.06.08. (Tue) 16:25 URL [EDIT]
NO TITLE
18回目ってまだ1年と半年よね
それこそまだ声だって体温だって
きっと全部覚えちょるよね
思い出せば辛くなってほんとはその記憶にふたをしたいよね
でも毎月毎月きちんと丁寧に綴ってきたぬこさん
偉いと思うっちゃ^^
きっと、多分、この苦しかった時も含めて忘れないことが供養なんじゃろうね

今日はどんなピンクのお花かな?
日が長くなって明るいうちに行けるかな?
あみちゃんをいっぱいいっぱい抱っこしてあげてね^^

↓ありがとう^^
昨日は通院日でバタバタしちょってポチ逃げでごめんね^^;
FROM cuchiko 2010.06.08. (Tue) 17:15 URL [EDIT]
Re: NO TITLE
くちゃちゃさん♪

忘れられないんだけど、
で悲しくなっちゃいけないんだけど
8日近辺になると、なんだかね・・・

くちゃちゃさんとは長い付き合いで
今まで、月命日に声かけてもらってて
本当に助かってる。ありがとう。

今日はすごくキレイな色したガーベラが売ってて
それをお供えしてきたよ♪

いつも美味しい野菜送ってくれてありがとうね。
高くて手が出なかったキャベツはすでに完食したよ(←早っ!
FROM ぬこ 2010.06.08. (Tue) 19:53 URL [EDIT]
NO TITLE
大切な家族を病気で亡くすのってつらいですね。
今回読ませてもらって、胸が苦しくなりました。
命あるものと一緒に暮らすということはこういう事も含めて、
すべてを受け止めなければいけないのですね。
今日は悲しい日だけど、明日はあみちゃんとの
楽しいかった思い出で、またいつもの
明るいぬこさんに戻ってね。
FROM ニャユモ 2010.06.08. (Tue) 20:34 URL [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FROM 2010.06.09. (Wed) 03:00 [EDIT]
NO TITLE
ぬこさん、こんにちは。

病気がわかった時の衝撃、
闘病生活を送っている間の緊張感、
失ってからの絶望感、
経験したくなかった思いばかりですよね。

当時の事を思い出すと今でも体の中心が震えるような感じがします。
月命日にあみちゃんの事を綴っている間、
ぬこさんもきっと震えているんでしょうね。

見送った子たちは元気で綺麗だった頃の姿を思い出してもらいたがっていると聞きます。
泣いたり落ち込んだりしたとしても、
あみちゃんの事を笑顔で思い出せる時間がこれからもっともっと増えていってくれる事を願っています。
FROM ジムノペディ 2010.06.09. (Wed) 05:34 URL [EDIT]
Re: NO TITLE
ニャユモさん♪

わたしは、一緒に生きていたい。
このまま永遠にずっと・・・
っていう気持ちが大きくて
離れ離れになる覚悟がちっともできてなかったんです。

病気になってからのことを毎月8日にブログに書いてるので
その日は少し暗かったりしますけど
楽しかった思い出は、他の日に思い出したりしてるし
わたしは、いつでも元気です♪

優しいコメント、ありがとう~。
FROM ぬこ 2010.06.09. (Wed) 12:47 URL [EDIT]
Re: NO TITLE
鍵コメさん♪

なんだか、辛い想いをさせちゃったかな?
私も前までは、『あみ』のこと人に話せないでいたの。
でも、ここに書くこと。
間違っていたことをしたかもしれないことでも
ちゃんと書くことで、きちんと『あみ』と私の生きてきた道を
振り返りたいなって。

命に答えはないと思う。
だからこそ、苦しいこともあると思うし。

できるだけ悔いの少ない道をこれからお互いに歩めるといいね。
FROM ぬこ 2010.06.09. (Wed) 12:51 URL [EDIT]
Re: NO TITLE
ジムノペディさん、こんにちは。

生きてきて、悲しかったり悔しかったりしたことは
もちろん何度もあるけど
こんなにいろんなこと、思ったのはじめてでした。
自分にも、こんな感情があったんだな・・・と。

ジムノペディさんと話してるうちに
自分自身と向き合うことを学びました。

今は、部屋の隅々にある楽しい思い出を思い出して
笑うことも多くなったんです。

コメント、いつもありがとうございます。
またメールしますね。
FROM ぬこ 2010.06.09. (Wed) 12:54 URL [EDIT]
NO TITLE
私も最初に一緒に暮らした白猫メィ(♂)とのお別れは、
本当につらかったです。
猫って あったかくて柔らかい生き物なのに、
石みたいに硬くなっちゃって。。

ぬこさんがつらくなくなったら、
あみちゃんの写真も たくさん見せてくれると
嬉しいです*(・^-^・)
FROM ニニコ。 2010.06.09. (Wed) 18:17 URL [EDIT]
Re: NO TITLE
ニニコ。さん♪

楽しかった思い出を思い出す時は
全然大丈夫なんだけど
やっぱり、いろんな告知をされたとき
冷たくなった身体にふれたときのことを思い出すと
気持ちが不安定になるね。

あみの写真、今のところ、月命日しか出してないんだけど
またできるかぎり載せますね♪

あみのこと、見たいって言ってくれてありがとう。
すごく嬉しかった。
FROM ぬこ 2010.06.10. (Thu) 08:36 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
SEO対策:ネコ SEO対策: SEO対策:ペット SEO対策:真菌症 SEO対策:里親